【ニュースで学ぶ韓国語】ソウルの小学校で新人教師が自殺。保護者によるパワハラが原因か。

記事内に広告が含まれています。

「ニュースで学ぶ韓国語」
韓国の最新ニュースから社会事情や検定などで使う中級表現を勉強するシリーズです。(→ニュース一覧を見る
ちょっと難しい単語・文法はバラエティではあまり使われないのでニュースを見て覚えるのがおすすめです。

どんなニュース?
韓国・ソウルの小学校で2年目の新人教師が校内で自殺を図り亡くなりました。原因は明らかになっていませんが、同僚教師の証言によると児童の保護者からパワハラとも取れる発言を受け、攻撃的な行動をする児童の対応にも悩まされていたとのことです。韓国では教師の労働環境の過酷さや支援の不足が現在社会問題として大きな話題になっています。

スポンサーリンク

動画を見ながら内容を確認しよう

緑字:キーワード 赤字:覚えたい文法

서울 서초구의 한 초등학교에서 20대 2년차 교사가 숨진 사건과 관련해 해당 학교에서 학부모들의 민원으로 근무가 힘들었다는 주장이 제기됐습니다.ソウル瑞草ソチョ区のある小学校で20代の2年目の教師が亡くなった事件に関連して、該当の学校で児童の保護者苦情によって勤務が大変だったという主張が提起されました。
서울교사노조는 오늘 최근 3년간 서이초에서 근무했거나 현재도 근무했던 교사들의 다수의 제보를 받았다고 밝혔습니다.ソウル教師労組ろうそは今日、最近3年間ソイ小で勤務していたり現在も勤務していた教師たちの多数の情報提供を受けたと明かしました。
(文法的に현재도 근무하는が正しいのでは?と思います)
제보에 따르면 학교 폭력을 담당한 A 교사는 한 학부모가 “나 뭐하는 사람인지 알지? 변호사야” 라는 말을 했다며, 서이초의 민원 수준이 상상을 초월할 정도라고 전했습니다. 情報提供によると学校暴力を担当したA教師はある保護者が「私が何してる人だがわかるよね?弁護士だよ」と言ったとし、ソイ小の苦情の水準は想像を超える程度だと伝えました。
그러면서 학교폭력 민원과 관련된 대부분의 학부모가 법조인으로 민원이 너무 많아 교사들이 근무를 매우 어려워했다고 했습니다.さらに学校暴力の苦情に関連した大部分の保護者が法曹関係者だとし、苦情がとても多く、教師たちが勤務をとてもしづらかったとしました。
고인과 함께 근무했던 C 교사는 고인의 학급에 공격적인 행동을 하는 학생이 있어 매우 힘들어했다고 밝혔습니다. 故人と一緒に勤務したC教師は故人の学級に攻撃的な行動をする学生がおり、とても辛い思いをしたと明かしました。
노조는 또 고인의 반 학생이 연필로 다른 학생의 이마를 긋는 사건이 있었는데 학부모가 고인의 휴대전화로 수십 통의 전화를 해 고인이 ‘소름끼친다, 번호를 바꿔야겠다’고 말했다는 D교사 증언도 있다고 밝혔습니다.労組はまた、故人のクラスの学生が鉛筆で他の学生の額を引っ掻いた事件があったが保護者が故人の携帯電話に数十通の電話をして故人が「身の毛がよだつ。番号を変えないと」と言っていたというD教師の証言もあったと明かしました。
이어 ‘선생님 때문’이라고 수업 시간에 소리를 지르는 학생이 있다고 고인이 토로했으며, 그 학생의 환청이 들리는 것 같다고 말했다고 전했습니다. 続いて「先生のせい」だと授業時間に叫ぶ学生がいたと故人が吐露し、その学生の(叫ぶ)幻聴が聞こえるようだと言っていたと伝えました。
또, E 교사는 이 사건과 관련해 학부모가 교무실로 찾아와 고인에게 ‘애들 케어를 어떻게 하는 거냐’, ‘교사 자격이 없다’라고 말했다고 밝혔습니다. また、E教師はこの事件と関連して保護者が教務室を訪れ故人に向かって「子供たちのケアをどのようにしているのだ」「教師の資格がない」と言ったと明かしました。
노조는 경찰이 의혹을 확인할 외부 정황이 없다는 의견만 내놓고 있는데 어려움을 짐작할 수 있는 추가 제보들이 접수되고 있다며 유족과 전국의 교사 모두가 납득할 수 있도록 철저하게 진상규명을 해달라고 촉구했습니다.労組は警察が疑惑を確認すべき外部の状況がないという意見だけ出しているが、(労働環境の)困難さを推し測ることができる追加の情報提供が寄せられているとし、遺族と全国の教師全員が納得できるよう、徹底して真相究明をするようにと促しました。
KBS 뉴스 이세중입니다.KBSニュース、イ・セジュンがお届けしました。

キーワード・文法解説

上で色付けしたキーワード・文法について解説します。

학부모(学生の保護者)

直訳すると「学父母」で、生徒の保護者のことを意味します。
保護者をそのままハングルにすると「보호자」ですが、韓国では生徒の保護者には「학부모」を使って表現するのが一般的です。

민원(苦情、要望)

민원は漢字で「民願」で、国民や人々の要望を指します。
今回のニュースのように、「苦情」を意味する場合も多いです。

제보(情報提供、通報)

제보は漢字で「提報」で、人々から提供された情報のことを意味します。
「通報」というときにも使われます。
今回は文脈上「情報提供」と訳しました。

名詞+에 따르면(〜によると)

「(名詞)によると」という意味で、ニュースや記事などによく出てくる表現です。
検定や文書を作成するときに使うと思うので、中級レベル以上を学習している人は覚えておきましょう。

학교 폭력(学校暴力、学校でのいじめ)

学校内での暴力を伴ったいじめのことを言います。
日本では「いじめ」という抽象的な言い方をしますが、韓国では最近폭력(暴力)という直接的な表現を積極的に使うようになっています。
日常では略して「학폭」と言われることが多いです。

続報はこちら

続報も解説しましたのでご覧ください。

亡くなった教師の追悼に全国から4千人を超える教師が集まりました。

詳しく見る

タイトルとURLをコピーしました